読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海の星座

光を射す言葉を。

濃い青のその下で -16/7/23 Talking Rock! Fes. 2016-

7月23日、関西国際空港のまだ南、泉大津フェニックスで開催されたTalking Rock! Fes. 2016。

例年、大阪市内のライヴハウスで催されてきたこちらのフェスだが、今年はTalking Rock!の刊行20周年ということも重なり、とうとう野外での開催となった。編集長・吉川氏にとっては、念願の、であったと想像する。

 

出演者は以下の通り(順不同)。

エレファントカシマシ
クリープハイプ
ACIDMAN
androp
ASIAN KUNG-FU GENERATION
THE BACK HORN
Base Ball Bear
THE BAWDIES
KANA-BOON
THE ORAL CIGARETTES
雨のパレード
サイダーガール
シナリオアート
Awesome City Club
Brian the Sun
GOOD ON THE REEL
LAMP IN TERREN
My Hair is Bad
SUPER BEAVER

 

総勢19組を2ステージに振り分け、尚且つかぶりなしで見られるという太っ腹なスケジューリング。オーディエンスを熱狂させ、焚き付けていくようなバンドもあれば、爽やかな夏空と風を味方につけて暑さを忘れさせるようなアクトもある。夏らしく青色の濃い空の下、19組の色とりどりの音が溢れた。

11時の開幕とともに緩やかに、爽やかに奏でたBase Ball Bearから、とっぷりと日の暮れたなかでじわりと心を震わせる音と言葉を届けたASIAN KUNG-FU GENERATIONまで、広い泉大津フェニックスに集ったオーディエンスは息つく間もなく音に酔いしれ、身を委ねていた。

時に前方のスタンディングスペースで、時に後方のシートスペースで、さらにはゆったりと畳ブースで微睡みながら、その場に満ちる音楽を味わう。熱っぽくありながらも、広すぎず多すぎないアットホームなこのフェスは、この先関西を代表するフェスとなるだろう。そしてそうあってほしいと、いち音楽ファンとして願うのだ。

 

来年からもぜひ野外で…、吉川さん、いかがでしょうか?